「がまだし日記」

saikoku.exblog.jp
ブログトップ

泰阜村に着きました!


山梨県上野原での事前研修を終え、
今日の夕方、無事泰阜村に着きました。
まず、寒い!
雪は降っていないものの、こんなに寒いとは思いませんでした。

担当の方に役場まで送っていただいて、村長や色んな役職の方に挨拶をさせていただきました。一通り挨拶をし終えると、

「ふ~ん。で、酒は飲めるの!?」
「どんくらい飲めるの?!」

と笑顔で嬉しそうに聞いてこられる方が多かったです(笑)

私も松永くん(今回泰阜村には男女ペアで派遣されました)も、多少飲める程度なので、これから鍛え上げられることでしょう。。。


明日は役場で歓送迎会があります。
いよいよ新しい生活がスタートするので、気を引き締めていきたいと思います。

全国に散らばった同期の仲間たちと
情報を共有しつつ、支えあいながら
頑張っていこうと思います♪♪
[PR]
# by mikom14 | 2012-04-11 21:52 | 緑のふるさと協力隊

緑のふるさと協力隊とは。。


2012年4月より、特定非営利活動法人地球緑化センターが行っている緑のふるさと協力隊として、
長野県泰阜村に派遣されることになりました。

地球緑化センターとは、緑のボランティアを育て、その活動を応援する団体です。
個人やグループをはじめ、行政・企業・教育機関など、様々な人たちを対象に、多様な応援を行っています。

国内活動としては、
・森林ボランティア「山と緑の協力隊」
・青少年の体験活動「緑の学校」
・長期農山村プログラム「緑のふさと協力隊」

海外活動としては、
・中国での沙漠緑化活動「緑の親善大使」

などがあります。




◎「緑のふさと協力隊」とは・・・

農山村に興味をもつ若者を、地域活性化をめざす地方自治体に一年間派遣するプログラム。
若者の生きる場所には農山村という魅力あふれるフィールドが存在することを知らせたい、都市と山村のゆがみという社会問題も捉えてもらいたい、という理念のもと始まりまった。

過疎・少子高齢化と厳しい状況にある農山村は、都市生活者には未知な世界といえる。隊員たちは、その地域にしかない風土・人柄・文化を、四季の移り変わりとともに体感していく。

多くの隊員が、「こんなに気持ちよく働いて、たくさんの人に出会い、感動した毎日はない」と言うように、そのままの貴方の生き方が、派遣先の人にとって新鮮な風となる。
参加資格に、技術や経験は不要。懸命に生きている人達と一緒になって働き、語り、生活すること。



◎協力隊の活動分野

・農作業の補助(野菜、花卉、果樹等の植え付け・収穫・施肥・除草等)
・観光施設運営補助や観光PR(物産展・産直市)
・牛や鶏の世話(畜舎の清掃、堆肥出し、餌やりなど)、牧柵の整備等
・農林産物の加工 (味噌・漬け物作り・炭焼きなど)特産品開発・企画等
・森林設備活動(除間伐、枝打ち、下草刈り)、測量や資料づくり等
・グリーンツーリズム・まちおこしイベント、地域行事の参加・裏方
・福祉施設(デイサービス、老人ホーム)、山村留学施設、災害復旧、役場の事務補助
・福青年団・消防団、神楽、農村歌舞伎、お祭り、スポーツ&文化サークル…


23年度の受け入れ自治体は45市町村、54名が協力隊に参加し各地に派遣されました。
平成6年度から始まり、第1期から第18期までの参加者はのべ420人になるそうです。

私が派遣されることになった長野県泰阜村は、私の地元・熊本県の小国町と同じく
キク芋を栽培し地域振興をしているという事で、何か縁を感じるところもあり
すごく楽しみです。

また、泰阜村は高齢者福祉の先進地域としても知られています。


全く知らない土地に入って1年間過ごすという事には少し不安もありますが、
この経験は自分にとって絶対にプラスになると思うので、頑張ります。
[PR]
# by mikom14 | 2012-04-02 10:37 | 緑のふるさと協力隊

5/28アースデイ神戸

a0106313_23302628.jpg

a0106313_23302625.jpg

a0106313_23302658.jpg



5月28日
アースデイ神戸に行ってきました!

神戸を中心に活動する国際協力やフェアトレードの団体のほかに、オーガニックの商品を扱っているお店や、有機野菜や身体と地球に優しいスイーツなどのお店が約50店くらい出店されていました。


ワークショップで色んな体験ができる
ブースもありました(^^)
・糸紡ぎ体験
・べんがら泥染め
・ペーパーバッグ作り
・天然リップクリーム作り
・廃材ランプシェード作り
などなど。。。

私はキャンドル作りを体験しました♪

あらかじめて型抜きされてる
キャンドルに自分でペイントしたり
花の飾りを貼ったりして自分だけの
キャンドルを作る事ができました。


マクロビオティックのお菓子を
扱っているお店も何個かありました。

cafe honey antさんは京都にある店舗では国産小麦や雑穀などを使った約40種類くらいの焼き菓子やパン、ランチもあり、今回はその中でメープルビスケット、ブラックココアとナッツのクッキーの2種類しかいただけなかったので、是非店舗のほうにも行ってみたいと思います。

使われている材料が国産小麦、国産全粒粉、てんさい糖、天日塩、アルミニウム不使用ベーキングパウダー、玄米水飴など100%植物性のシンプルでからだに優しいものばかりで、しかもお菓子のバリエーションが豊富だから選ぶのも楽しいっていうのがいいな〜と思いました♪♪

久しぶりにマクロビオティックのお菓子を食べたけど、あの菜種油のザクザク感やメープルシロップの素朴な甘みがなんか懐かしくて、やっぱりおいしかったです(^^)♪


4月に大阪で行われたアースデイに続き参加したのは2回目でしたが、食べ物や日用品といった身近なものから、オーガニック食品やフェアトレード商品などの地球の環境にいいものを選ぶことが、わずかかもしれないけどエコにつながっていくという事が、もっと広がっていったらいいなと思います。
[PR]
# by mikom14 | 2011-06-06 23:30 | 食育.農業,環境

cafe slow osaka

a0106313_19123024.jpg



キャンドルナイトのイベント
『くらやみカフェ』
cafe slow osakaに行きました。


キャンドルが灯されているお店の中で
ピアニストの橋本秀幸さんの演奏を聞きました。

即興で演奏してるのに、メロディがすごくきれいで、ピアノの演奏とか普段は全く聞かないけど、キャンドルの灯りとおいしいヘーゼルナッツラテでいい感じの雰囲気の中聞く事ができたので、めちゃめちゃ癒やされました♪(^^)




ほかにも豆腐作りや野菜カフェ、色んなワークショップもされているみたいなのでこれからちょくちょく行ってみたいと思います。
[PR]
# by mikom14 | 2011-02-23 19:12 | 食育.農業,環境

半農半Xという生き方

『半農半Xという生き方』
~半農半X研究所・塩見直紀さん~
NPO法人おもしろ農業主催連続講座
SAIENSラボ・おもしろ農業人:山村龍和さん(半農半書家)×塩見直紀さん対談
atカフェレストランあらかし


半農半Xとは、半自給的な農業とやりたい仕事を両立させる生き方を指し、半農半X研究所代表・塩見直紀さんが94年頃から提唱しているものです。


半農家レストラン、半農半小児科医など、Xの部分は様々。

私に今現実的にできるのはベランダで何か野菜を作るか、近くのスローフードのカフェで毎月やってる畑作りに参加する事くらいだけど、近いうちに行動に移そうと思います。
         
[PR]
# by mikom14 | 2011-02-22 00:26 | 食育.農業,環境