「がまだし日記」

saikoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

*♪植木市で買ったモノ♪*

a0106313_2171141.jpg
植木市の花売り場のサボテンコーナーで一目惚れして買っちゃいました(*ノ∀`*)ゞサボテンなのに花みたい☆しかも、サボテンだからあんまり面倒見なくてもいいっていうのが気に入りました(笑)

右の花みたいなのが「黄麗(オウレイ)」。
ベンケイソウ科 セダム属。別名ー月の王子

この種類のサボテンは他にもこんなのがあるそうです
多肉植物
サボテンなのにかわいい~♪多肉植物にはまりそう(笑)

左のは「エキノプシス」。こっちもちっこくてかわいい♪
[PR]
by mikom14 | 2008-02-27 21:26 | 日記

*.☆れんこんハンバーグ☆.*

a0106313_2103779.jpg
ハーモニーカフェの料理教室で、れんこんと人参でミートボールもどきを作ったのを思い出して、今度はハンバーグを作ってみました( ´艸`)人参をすりおろして入れるので、生地は赤くなって本物のミンチ肉みたいになります。食感も、れんこんがもちもちしてるので、お肉とまではいかないけど、なんとなくそれっぽくなります(笑)
[PR]
by mikom14 | 2008-02-27 21:03 | 料理

*.☆酒粕スコーンと苺プリン☆.*

a0106313_2037512.jpg
酒粕を使ってチーズ風味のスコーンを作りました。マクロビでスコーンを作ると、どうしてもしんなりしてしまうのですが、今回は「葛粉」を入れたのでサクサク、ほろほろにできました♪♪全粒粉も入っているので、スコーン自体には甘みを入れていないけど、粉の味がしっかりして美味しかったですヾ(*・ω・)ノ゙メープルシロップをかけて食べましたw
苺のプリンは、苺と豆乳をフープロにかけて鍋で温めて、そこに寒天と葛粉を加えて作りました。葛粉を入れることで、寒天のあのカチコチな食感をトロトロに変えれますφ(´∀`*)上にかかっているのは、潰したイチゴにちょこっとレモン汁を加えただけのもの。イチゴの自然な甘みが美味しかったです♪
[PR]
by mikom14 | 2008-02-27 20:46 | マクロビお菓子

豆腐チーズケーキ

お豆腐がたくさんあったので、マクロビで豆腐チーズケーキを作りました。実は豆腐チーズケーキ、何回か作ったことはあるのですが、毎回かたちが悪かったり、味が微妙だったりで失敗続きでしたm(_;)mでも今回のケーキは何とか上手くできました♪
a0106313_0165545.jpg
穂高養生園のレシピ。レアチーズケーキみたいに見えるけど、焼いてます。さっぱりしてて食べやすかったです♪レシピに忠実に作ったので、今回白味噌は入れなかったけど、入れれば良かったなー(-公-、)豆腐が入ってるので当たり前だけどどうしても豆腐の味がします。。。そこで先日、酒粕を使ったチーズケーキを焼いてみました。そのときはレシピに背いて黒酢入れたりレモンの代わりにかぼす入れたりしちゃったので、見た目的には悲惨なものになってしまいましたが(笑)、味は本当にチーズみたいでした。というか、酒粕の独特なほのかな「苦味」が入ってチーズより濃厚なチーズみたいな感じ。食べてたら少し酔っちゃいました(;c_q`)酒粕で酔う私って一体…(笑)スコーンとかクッキーにも混ぜてみると美味しそう♪また何か酒粕スイーツを作ってみようと思いますヾ(*・ω・)ノ゙
[PR]
by mikom14 | 2008-02-26 00:36 | マクロビお菓子

.*☆今日の夕飯☆*.Kさんのお野菜☆*.

自動車学校の帰りに、前月の農と食を楽しもーう会で麦ふみをした麦が気になって、Kさんの畑にお邪魔しました。Kさん夫妻は30年間有機無農薬で野菜を作りつづけている農園を引き継がれている方です。お仕事中に突然お邪魔したにもかかわらず、麦がある畑まで案内していただきました(>_<)麦は、ちょっと大きくなっているぐらいで、あまり大きな変化はないようでした。その畑で、ほうれん草、里芋、大根、ねぎ、人参の収穫のお手伝いをさせていただきました。作物を育て、いただくまでの「収穫」というほんの一部のお手伝いだけど、それでも美味しそうに実っている野菜を見ると、嬉しくなります( ´艸`)♪Kさんとお話させていただいていると、Kさんの野菜への愛情は、はかりしれないものがあるな~と感じます。本当に、はかりしれない…というか、はかれないと思います。。。そして、色んなことを教えていただけるのが楽しくて、あっという間に時間が過ぎちゃいました。なぜか、Kさんとお話していると元気というか、パワーをもらえるような気がします。すごく楽しかったです。ありがとうございましたm(__)mまたお邪魔させてください♪
今日の夕飯はそのKさんにいただいた野菜も使わせていただきましたw
a0106313_23594837.jpg
車麩とこんにゃく、人参、きのこ、椎茸の煮物・ブロッコリーと人参のサラダ・切干大根の煮物・味噌汁・玄米ごはん
a0106313_032941.jpg
Kさんにいただいたブロッコリーと人参のサラダ☆れんこんチップスを散らして、これまたKさんのニンニクの葉と根を使ったドレッシングをかけていただきました。安心して皮ごと食べれちゃうのが嬉しいです♪ブロッコリーの茎も、薄く切って下に敷きました。人参は生のままだけど、すっごく甘くて美味しかったです!!ごちそうさまでした。
[PR]
by mikom14 | 2008-02-26 00:08 | 料理

農と食を楽しも~う会 *いのちをいただく*

今月の農と食を楽しもう会は、植木で合鴨農法をされている方に合鴨農法についての説明から、合鴨を「いただく」ところまで教えていただきました。

アイガモ農法は、田植え1週間前に生まれたてのヒナがやって来て、少しずつ水に慣らし田植えから1週間後に田んぼに放します。
約2ヶ月間アイガモたちは稲の間を自由に動き回り、雑草や害虫などを食べ稲と共に大きくなっていきます。
稲穂が出る8月下旬、アイガモたちの仕事は終わり、田んぼから飼育小屋へ移ります。

説明を聞いた後、いよいよアイガモの解体です。生きているアイガモを8羽解体しました。

私はこの数日前、映画「いのちの食べ方」を観ました。農薬をかけられ、不自然なかたちで大量に生産される野菜。ベルトコンベアーで次から次へと運ばれていくヒヨコ。次々に運ばれてくる鶏に黙々とナイフを入れて解体をする人。効率よく計算された流れ作業にのって解体される牛、豚、鶏。それは、もはや「生き物」ではなく「もの」として扱われているように見えました。

しかし今回、目の前でアイガモが絞められ、自分の手でそのカモの毛抜きをし、部位ごとに切り分けるという事をさせていただき、その映画で観た印象とは全く違うものを感じました。毛抜きは、ゴム手袋をつけた手で、むしり取るような感じでやります。カモの体を押さえつけながらやるので、骨や、内臓の感触が伝わってきます。次に、カモの首、羽、足の部分を切り落とし、内臓を取り出します。それから、各部位に切り分けていきます。その時点ではもう普段お店で見かけるような、「お肉」の状態になっているので、本当にさっきまで生きていたあのカモをさばいているなんて信じられない気持ちになりました。でもそれはまぎれもない「事実」で、生きているものを殺すことで私たち人は生きているんだ、と実感することができました。

さばいた鴨のお肉は、鴨汁と炭焼きに、そして内臓は煮付けにしていただきました。
a0106313_22203666.jpg

「いただきます」「ごちそうさま」。すべての命に対してありがとうを伝える言葉であり、同時に、食べ物を作るのにかかわってくれた人へのお礼の言葉。それまで私はなんとなく「食前食後の挨拶」という意識しかしていなかったような気がします。今回のこの体験を通して、日々の食事にもっと感謝を込めて、「いただきます」「ごちそうさま」をしようと思いました。
[PR]
by mikom14 | 2008-02-25 22:55 | 食育.農業,環境

JA植木まつりin大池 農業公園 カントリーパーク

a0106313_2053135.jpg
「肥後もんど」というおせんべいを作っているところです。まず油を引いた鉄板にアーモンドをちりばめます。上から生地を流し込み、鉄板で押さえて焼いていきます。焼けた生地を包丁で、切っていきます。おせんべいの香りがこの辺一帯に広がっていましたw出来立ては熱くてちょっとやわめだったけど、すっごく美味しかったです♪


            この機械で、何を作っているか分かりますか?
a0106313_20315678.jpg

            湯気が出てきました☆そろそろ出来上がりみたいです( ´艸`)♪
a0106313_20335651.jpg

             出てきましたー!!正解は……
a0106313_20365338.jpg

                  ☆焼き栗☆
a0106313_20392969.jpg

泗水町にある、永観光栗園さんです。実はこの機械、ポンせんを作る為のものなんだそうです。圧力と熱で栗がやわかくなっているので、ふつうの焼き栗よりもジューシーというか、みずみずしくて食べやすかったです。ふつうの焼き栗は水分がなくなってしまってパサパサな感じがするのですが、この焼き栗はまるで蒸したみたいに美味しかったです♪
おじさんに「生の栗食うてみぃー。うまいけん」と言われて生の栗も食べさせてもらいましたが、生の栗もすごく美味しかったです(*ノ∀`*)ゞ
[PR]
by mikom14 | 2008-02-20 20:51

JA植木まつりin大池 農業公園 カントリーパーク

JA植木まつりに行ってきました( ´艸`)♪
別に何も目的はなく、母がこないだ行っておもしろかったよーって言ってたので、ただなんとなく1人でブラーっとしてました(笑)

JA熊本経済連、県内JAの主催で昭和51年に始まり今年で33回目。会場には、庭木を中心に、花鉢苗物や、趣向を凝らした庭園、地域自慢の特産品など約120万点が出品、展示即売されています。また、スタンプラリーやオークションなど、楽しいイベントも実施されています。

いろいろ写真を撮ってみました♪
a0106313_19263483.jpg
普通の石に見えます。が………

a0106313_19202427.jpg
こわッッ!!片方目ないし…(笑)しかも、なぜサングラス?お店の人に聞けばよかったなー

a0106313_1934102.jpgニュートンのりんごの木。ニュートンが万有引力を発見したというりんごの木の原木を枝分けしてあるそうです。りんごの木と一緒にニュートンさんも立ってました( ´艸`)ww

a0106313_19361825.jpgニュートンのりんごの木は、1964年にゴードン・サザーランドさんという人が日本の柴田博士という人に贈られたそうです。ところが、この木はウイルスに感染していてすぐにでも焼却処分しなければならなかったとか。しかしなんとか処分を逃れ隔離生活をしばらく送っていましたが、やがてウイルスを無毒化する熱処理法が開発され、この木が晴れて自由の身になりました。そして、県農業経営者協会が設立20周年を記念し、県内の小学校など希望者に288本を配布しました。このうち現存しているのは半分以下だそうです。そんなに貴重なものがこんなに身近にあったなんて知りませんでした~。

[PR]
by mikom14 | 2008-02-20 20:02

バレンタイン*スイーツ

今年は先生2人と友達2人にあげました♪
a0106313_0553916.jpg
豆乳のココアパウンドケーキと、オートミールとナッツのココアクッキー。パウンドケーキの方には黒砂糖が入っているので、マクロビではないけど、動物性(バター・生クリーム・卵・)は使ってません。
学校の友達にパウンドケーキにもクッキーにもチョコレートも入ってないっていう事を教えたら「どうやったら作れると!?レシピ教えて♪」って言ってくれましたw
でも、いっつも思うけどココア味のクッキーは難しいー(-公-、)色が黒いので、焼き加減が分からなくて、生だったり焦げたり…。今回は若干焦げ気味になってしまいました。でも、ココアの苦味かな~くらいの焦げだったので何とかごまかせたと思います(笑)
[PR]
by mikom14 | 2008-02-18 01:04 | お菓子

ヘルスサポーター21 食育講座

学校で、3年生を対象に毎年行われる「食育講座」。食生活改善推進員さんの方々が、ヘルスサポーター21の事業の一環として、講座と料理教室をされました。
内容は…
●あなたはやせ過ぎてない?
●BMI25以上はイエローカード!
●あなたも朝ごはん抜き?
●食事バランスガイドを活用しよう
●こんな生活をしていない?
●学んだ事を自分の食事で確認しよう!
●名コック長にトライしてみよう!

パンフレットに沿って説明していただいただけではなく、冷凍食品のことや食生活について分かりやすくまとめたポスターを展示されたり、普段食べているお菓子に入っている砂糖の量を実際に砂糖を使ってあらわしたりされていました。

その後、班ごとに分かれて調理実習をしました。
メニューは…麦ご飯・鶏のチーズ焼きあんかけ・旬菜の味噌汁・玉ねぎとチーズのサラダ・白玉入りみつ豆。タンパク質、脂質、カルシウム、塩分、カロリー…全て計算されています。
1班に1人ずつヘルスメイトのおばちゃんがついて、手順を教えてもらいながらみんなで料理をしました。
a0106313_22412772.jpg
先生たちが郷土料理作るって言ってたので楽しみにして来たらこの献立だったので、少しビックリしました(-公-メ)。。。
なんでチーズをこんなにいっぱい使うのか疑問に思ったので、おばちゃんに聞いてみたら、カロリーを満たすために、「よりヘルシーで栄養のあるもの」、ということでチーズを使ったんだそうです。それと、実はこの献立は前日、高齢者向けに講座を行ったときのものと同じだそうで、高齢者は1日に2食とか1食とかしか食べない。しかも、漬物とか味噌汁くらいしか食べないので栄養がつかない。だから寝たきりになったり病気になったりする。そこで、チーズやお肉などの脂肪分、タンパク質を多く食べることを薦めているんだとか。。。
玉ねぎとチーズのサラダの材料は、きゅうり・青じそ・ミニトマト・玉ねぎ・さけるチーズ。なんでこの時期に夏の野菜を使っているのかまたまた疑問を感じてしまったので聞いてみると、あらかじめ献立は県下で一律に決めてあって、変えられないんだそうです。

料理を作り終わって、いよいよみんなで食べようとした時に、テーブルに作った覚えのない「佃煮」のようなものがひとつ置いてありました。よーーく見てみると、その正体はいりことカツオ節と昆布の千切り。もしかして…と思っておばちゃんに聞いてみたら、、やっぱりそうでした!!!「味噌汁のだしにつかった材料」☆★これを、1度鍋に入れて醤油、みりんで味付けしてありました。味噌汁のだしに使ったいりことか昆布とか、いつもなんかもったいな~と思ってたので、こういうふうにすればおかずとしてもう1品加えることができて経済的♪おばちゃんたちの知恵ってやっぱりすごいなーと思いました。もっとおばちゃんたちのこの知恵を活かせるような、地元でその時期にしかとれない野菜を使った郷土料理とかが献立になればいいのになー。

こうやっておばちゃんたちに野菜の切り方とか材料をムダにしない方法とかを教えてもらう機会がもっと増えればいいなと思います。
[PR]
by mikom14 | 2008-02-18 00:38 | 食育.農業,環境